読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take's Diary Channel

藤子F先生とディズニーと時々ITな一般市民のおぼえがき。書籍紹介多め

【楽しい】自分の緊張や不安と楽しく向き合う方法【修論発表】

こんにちは。

たけちです。

先日、修士論文審査会なる発表会が行われました

私の2年間の成果を多くの教授の前で発表する場・・・

私は緊張しいですが、こんな機会は滅多にないと思い、いまの気持ちを素直に記すことにしました

例えば、発表前日の自分と発表後の自分の気持ちは180度違うかもしれないからです

4時間前


いつものように起き、いつものように準備し、いつものように電車に乗る

昨日録画したアニメを見て、無意味に熱くなる

が、何か違う。気持ちが違う

緊張かとも思ったけどそれはあまりなかった

ここまでやってきたのだからという、ある種投げやりな、不定形な自信のような感情

気持ちがはっきりしていて、妙に心地が良い

これが発表4時間前の自分

この気持ちを一言で表すなら、「覚悟」だろうか?

これが終わったら何しよう?

好きなラーメンやケーキをめいいっぱい食べようか

友達と死ぬほど酒を酌み交わそうか

そんなことを考えつつ、発表に不備はないかと思考する

ない。大丈夫だ。ここまでやってきた

あとは発表するだけ。なあに大丈夫だ、ほんの2、30分の地獄だ

人前で話すことは嫌いじゃない。普段主張しない自分にとって、自分だけに集中してくれる環境などあまりない

それを考えると、思い切りやってやろうじゃないかという気持ちになる

この気持ちは、今じゃないと味わえないんだろうなと思う だからこそ、しっかり、ねっとり、味わっておこうと思う

発表1時間前


お腹が痛くなってきた

さっき飲んだ牛乳のせいだろうか

いや違う。これは緊張だ

緊張がきているんだ

やれることもなく、友達と不安を吐き出しあいながら自分の気持ちを落ち着ける

なんでもっとやれなかったんだと後悔したりもしたが、もう遅い

いつも後悔ばかりだなと自分の人生を鼻で笑う

あと1時間後には発表していて、2時間後には解放されているのだと思うと、なんだか不思議な感覚だ

10分前


前の人が発表している

噛んだ。緊張してるのが伝わって来る

やばい 地面が故rてると思ったけど俺の新お悪だった

発表後


開放感で胸がいっぱい!

になるかと思ったけど、モヤモヤが残っている 発表自体は良かったと思う。そんなに苦しみはなかった

でも、モヤモヤして、気が気でなかったので人と話したりご飯食べに言ったりして気を紛らわせていた

2年間やってきたことがついぞ終わった・・・? これで良かったのか?自分の2年間に嘘はなかったのか、それを考えてのことだと思う

多分、納得してないんだ。もっとできた。まだやれた。そんな不完全燃焼感が自分を不安に誘う

発表前より不安になっている自分がいる

もう終わったのだ

そして、数ヶ月後には新しい人生が始まる

そりゃ不安にもなるわな

でも、この期間を無駄に過ごすつもりもない

やりたかったこと、やれなかったことができるんだ

やろう! 人生でできる最後の遊び期間だ

やりたいことをやっていけ!

・・・


以上です。 今見返すとなかなか切羽詰まってたんだなと思います

面白くはないかもですが、自分の気持ちの変化が見て取れるので今後の参考になります

こういう記録を取ることで緊張する場において 「あ、これはいつも来る緊張だ」

とか思えればしめたものだと思います

みなさんも、今しかない自分の状況を楽しんで見てください

はたから見たらめちゃくちゃ滑稽かもしれませんよ?